キャッシング審査で無利息融資極秘講座

キャッシングの審査で無利息で融資が可能な金融サービスを紹介、またキャッシングにおける心構えを極秘にお伝え意外と知られていないキャッシングの真相を完全暴露します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
実は、キャッシングとは大変便利なサービスです。
しかも、キャッシング審査というのもクレジットカードに比べ、圧倒的に短く、すぐに無担保で利用できるのも特徴です。
特に、消費者金融のキャッシング審査は甘く、よっぽどのことがない限り審査に通ります。
(他社借入れ件数が多すぎたり、他社での返済が遅れていたりなどする場合は、審査に通りません)

いざ買い物をしようという時に、出先でお財布をチェックしたらお金があまりなかった。
そのような経験は、どなたも一度はあるのではないでしょうか?

最近では、クレジットカードで買い物をする機会もずいぶん増えていますので、現金がなくても買い物はできます。
担保が必要になる場合のあるローンと違って、すぐに無担保で融資利用できることもキャッシングの特徴と言えるでしょう。
その他に、キャッシングで現金を用意するという方法もあります。

銀行系や消費者金融系などの金融機関が、現金を個人に融資するのがキャッシングです。
キャッシュカードを使ってATMで自分の預金を引き出すのと同じように利用できます。
利息も返済期間を短くすれば無利息で融資利用できるキャッシングも増えています。

クレジットカードよりも、キャッシングの方が利用しづらいというイメージもありますが、キャッシングの特徴をきちんと把握し、計画的に利用すればキャッシングサービスは大変便利なのではないでしょうか?

クレジットカードでキャッシングも可能ですが、キャッシング利用される場合、返済は一括返済となりますので、高額を利用しないように注意してください。

通常、クレジットカードには、もう一つショッピング機能というのがあります。
これは、文字のごとく、現金を持ち合わせていない場合、カードでお買い物ができる機能です。

ショッピング枠でしたら、一括・分割・リボ払いと支払を選べるので便利です。

このことから、消費者金融でのキャッシング利用は、急な出費で現金がすぐに必要な場合には最適なサービスとなります。

逆に、クレジットカードは、現金を持ち合わせていない場合に便利な機能と言えます。

キャッシングもカード利用も、借りすぎには注意をして、あくまで自分の支払能力を把握した上で利用することが大切です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

最近のキャッシング市場は、大手銀行を中心に消費者金融であるノンバンク事業の再編やM&Aが相次いでいます。

クレディアの経営破綻後、ネオラインキャピタル(旧ライブドアクレジット)がフロックスと改めてグループカンパニーとして得意とするサービスに特化させたり、プロミスの三洋信販を完全子会社化、レイクの売却など、さらに金融業界の淘汰が進んでいます。

このような状況は、大手銀行同士の熾烈なノンバンク争奪戦も同様です。
三菱フィナンシャル・グループは、ジャックスと経営統合させる予定だったセディナ(旧セントラルファイナンス)を三井住友フィナンシャルグループに奪われ劣勢を強いられていきました。
三菱フィナンシャル・グループは、カード事業はニコス、信販事業はジャックス、消費者金融はアコムに経営を集約し、さらにアコムは、DCキャッシュワンを5月1日に完全子会社化すると正式発表しています。それぞれに経営資源を投入していく戦略を明らかにして、大幅なリストラ策も辞さない構えです。

一方、これに対抗している三井住友フィナンシャルグループは、傘下の消費者金融プロミスが三洋信販を傘下におさめたり、カード事業ではダイエー系列のオーエムシーカードの筆頭株主となり、信販事業ではセディナ(旧セントラルファイナンス)を三菱フィナンシャルグループからの争奪に成功するなど優勢な立場に立ちました。

どちらのグループもノンバンク再編は非常に重要な戦略と位置づけており、さらにグループ同士のサービス競争が激化されると予想されます。

今後の課題は、大手銀行がバックボーンについていない武富士やアイフルなどの独立系消費者金融の生き残り策です。
とうとうアイフルは、消費者金融大手では初となる、私的整理に着手しました。
今後のキャッシング業界の動きを、冷静に分析し当ブログに活かして、今後も有益な情報を発信していきたいと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

新規契約の方のキャッシング審査の際に、無利息ローンサービスを提供しているレディースローンが増えています。
レディースローンとは、主婦の方でも低金利の融資が受けられる女性専用のキャッシングローンのことです。

通常、パートやアルバイトなど特殊な職業形態で働く主婦の方は、キャッシング審査が厳しいと言われていますが、このレディースローンというサービスは、見事にその問題点をクリアにしてくれる女性のためのキャッシングサービスになります。

女性専用のキャッシングローンのサービスが増えてきたといえ、年収の3分の1を超える融資は原則として禁止とする、いわゆる「貸付金の総量規制」の昨年末に実施となり、 特に女性の方にとっては、今後非常にキャッシングしにくい状況となることが予想されます。

しかし、そのような状況の中でも、レイクのレディースローンは20歳以上の方ならパートでもアルバイトの主婦の方でもお申し込みができるのでお薦めです。
対応も女性スタッフだから安心です。
 
キャッシング審査に通過すれば、30日間の無利息ローンサービスが受けられます。
通常金利は15%?18%と低金利となっており、これが30日間も利息が取られないのはかなり大きいです。

これだけの無利息ローンキャンペーンを実施しているというこは、消費者金融側にとっては「どうしても新規顧客を獲得したい」という必死なアピールとなります。
ユーザー(利用者)側にとって、これは融資を受けやすい絶好のチャンスとなりますので、この機会を是非利用してみてください。

また、来年2010年1月27日までの新規契約者の方限定で、毎月10万円までの借入なら、なんと金利が半分になるという驚異的なキャンペーンも実施中ですので、かなり毎月お得に借入返済可能です。 

お金が必要だから借りるのに、利息まで払う余裕がない方もいます。
今まで借入れをした経験がある方ならわかると思いますが、無駄とも言えるほどの利息の支払いがないことは、ユーザーからすればリスクがなく、大きなメリットになるはずです。
 
利息だけでも結構な金額になるので、初めて借りたいなと考える方は無利息ローンで安心なレイクのレディースローンは是非お薦めです。

さらに、レイクは昨年親会社の外資系GEから、新生銀行グループにそのままキャッシングサービスが受け継がれてまたので、今後は銀行グループとして、安定した資金力のもと、さらなるキャッシングサービスの展開が期待されます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシングは、基本的に20歳以上の方で安定した収入の方でしたら、どなたでも審査に通り、融資可能なのが特徴です。
ですので、キャッシング審査に通れば、キャッシングというのは主婦や学生でも借りることが可能な無担保の融資になります。
最近ではサラリーマン以外の層の方でもキャッシングの申込みが増えています。

「20歳以上で毎月の収入が安定している方」というのが、キャッシングサービスを利用できる人の資格の一般的な条件としてあげられています。

しかしもちろん、業者によってもキャッシング審査の基準は様々です。
最近では、主婦や学生、アルバイトの人もサービスを利用できるところもありますし、融資額によっては収入を証明する書類の提出が必要になる場合もあり、キャッシングサービスを受けるための資格もニーズに合わせて多様化しているようです。

インターネットでもキャッシングサービスの申込が可能になったことで利用者が増え、簡単なキャッシング審査の後ですぐに振り込んでもらえることもありますが、その場合も後から書類の送付が必要です。

キャッシングは無担保の融資ですから、小額の貸し付けを行っている業者が多いのですが、もしも高額を借り入れた場合でも、収入とのバランスをよく考えなければなりません。

収入に対して借入額が10%程度なら無理のない範囲の借り入れ、さらに25%になると限界ですが、いくらキャッシング審査に通ったからといって、無理な借入れをせずに、ご自分の収入に合わせた返済ができるよう、計画的にキャッシングを利用することが大切です。

来年2010年6月からはいよいよ貸金業法改正法が完全施行され、その中でも総量規制により、借入融資が制限されます。

これは、自分の収入額に対して、3分の1しか借入ができないという借入規制になります。
たとえば、毎月30万円の給料だと仮定すると、月に10万円の借入しかできなくなります。

こうした規制の中で、自分にとって本当に必要な融資を決めることが大切です。
また、自民党政権から民主党政権へと変わったことにより、どれだけ貸金業関連法案が見直されるのかも注目です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融をめぐり、利用者(ユーザー)、キャッシング業界、法曹界(裁判官、検察官および弁護士)の3者が、三つ巴のバトルを演じているのが現状です。

これまで、慣例で認められてきた「グレーゾーン金利」の返還訴訟が相次ぎ、消費者金融各社の経営は軒並み苦しくなっていますが、一方で返還訴訟のための手数料が高すぎるとして利用者と弁護士、司法書士がトラブルになるケースも続発しているのだ。

消費者金融大手4社の2009年度4月?6月の連結決算発表がありまたが、6月末の時点の貸出残高は、武富士が前年同期比29%減、プロミスが同12%減、アコムも今年5月に合併した子会社の分を除くと実質10%程度の減少となりました。
この減少は、過払い金返還請求に伴う業績悪化と、融資総額が年収の3分の1を超えている顧客に対する追加融資制限の自主規制(総量規制)が主な要因です。

特に、過払い金返還によるダメージは大きく、日本貸金業協会によると、2007年度に業界から返還された利息金は、利用者の元本返済に充当された約4200億円と現金で還元された約5200億円の計9400億円にも上り、08年度以降は1兆円を超えているのが現状です。

この過払い金返還請求が増えている背景として、実は弁護士や司法書士らの積極的なPR活動があります。
最近、電車内の広告やテレビCMで「借金、返し過ぎていませんか?」などといった言葉を見聞きした人は多いと思います。
法律事務所などが利用者に過払い金返還請求を促す広告ですが、積極的に宣伝するのはそれだけ儲ける余地があるからです。
なにしろ、手数料を20%としても1兆円の過払い金の裏には2000億円もの手数料市場が生まれている計算になります。

しかし、お金が絡むと当然トラブルが起きます。
日本弁護士連合会(日弁連)、日本司法書士会連合会(日司連)とも、統計はありませんが、依頼者との間でトラブルが増えていることを認めているのも事実です。
中には、「面会もなく勝手に手続きを進められた」「高い手数料を取られた」といった声もあるといいます。
債務整理で稼いだ2億4000万円もの所得を隠していた司法書士の存在も明らかになり、日弁連は債務整理を請け負う弁護士に向けて「指針」を打ち出ししています。

キャッシング業界と法曹界の関係も悪化しているのが現状です。
過払い金請求を起こす人は多重債務者の比率が高く、今後も貸し出しリスクが高いことから、これらの利用者に「コード71」という暗号を付けてキャッシング業界全体で情報を共有してきました。

ですが、過払い金返還請求をビジネスにしている弁護士たちの圧力で、この暗号制度は撤廃される見込みだといいます。

表向きは消費者保護と言っていますが、自分たちのおいしい市場を守りたいだけなのでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
ブックマークに登録
キャッシング審査激甘!
来店不要で即日融資
極秘!カードローン特集
極秘!クレカ特集
極秘!住宅ローン特集
RSSフィード
最新情報はこちらで
リンク
ランキングに参加中です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。