キャッシング審査で無利息融資極秘講座

キャッシングの審査で無利息で融資が可能な金融サービスを紹介、またキャッシングにおける心構えを極秘にお伝え意外と知られていないキャッシングの真相を完全暴露します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
消費者金融などのキャッシング審査での申し込み時に、必ず記入することになっているのが申込書の記入です。
各記入項目(住所や職業など)はキャッシング業界では「属性」と呼ばれています。

実は、この属性が非常に重要視され、結果としてキャッシング審査に通過するかしないか、また限度額の大小も決まる重要なものとなっています。
しかし、一方でほとんど重要視されない属性もあります。

是非キャッシング審査・申込みの際の参考にしていただければと思います。

●特に重視される属性

・年齢
キャッシング業界では「可処分所得の大小」つまり「自由に使えるお金の多い少ない」を前提に属性を捉えています。
だいたいのキャッシング利用者の平均対象年齢は20?30代となっており、一般的には独身者の方が有利に考えられています。
年齢が上がれば上がるほど、キャッシング審査は厳しくなっていきます。

・電話番号
一番理想なのが、「自宅の固定電話」と「携帯電話」の両方をそろえておくのが一番有利になります。
これは、「確実に申込者へ連絡が付けられるようにするため」です。

・職種(職業)
基本的に「離職率の低い職業」は有利とされています。例えば公務員や多くの会社勤めをされているサラリーマンです。
しかし、水商売系、自営業、などの「離職率の高い職業」「不安定な職業」は不利になるケースが多いです。

・居住年数
特に「年数」が重要視されます。年数が長ければ長いほど、信用が高まり有利に働きます。


●特に重視されない属性

・年収(月収)
これは「自己申告が可能で、裏取りが不可能な属性」のため、あまり重視しない属性となっています。
嘘の年収(月収)を記入するのは決してしないでください。

●書き方によって優劣が左右される属性

・使用目的
たとえ使用目的が「生活費」や「他社借り入れの返済」であっても、キャッシング業者から見れば「返済してくれる可能性が低い」と判断され、限度額が低かったり、場合によってはキャッシング審査に通過できない可能性もあるので、ここは真面目に書きすぎず、「レジャー資金」「車の購入」などを選択すると良いでしょう。

また、借入件数のある方は、件数も注意してください。
消費者金融キャッシングでは3件以内、銀行系キャッシングでは2件以内を目安にしてください。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
ブックマークに登録
キャッシング審査激甘!
来店不要で即日融資
極秘!カードローン特集
極秘!クレカ特集
極秘!住宅ローン特集
RSSフィード
最新情報はこちらで
リンク
ランキングに参加中です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。