キャッシング審査で無利息融資極秘講座

キャッシングの審査で無利息で融資が可能な金融サービスを紹介、またキャッシングにおける心構えを極秘にお伝え意外と知られていないキャッシングの真相を完全暴露します。

2009年10月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. キャッシング審査でココを見る!融資可否を決める属性とは!?(10/31)
  3. 消費者金融でのキャッシングとクレジットカード利用の上手な使い方(10/30)
  4. 格差が広がる銀行系と独立系のキャッシングサービスと待遇(10/29)
  5. 女性ならでわのキャッシング審査基準だから安心!無利息サービス利用でお得なレイクレディースローン(10/28)
  6. 総量規制導入で借入融資制限いよいよ開始!さらに求められる無理のないキャッシング利用(10/27)
  7. 過払金返還請求をビジネスにしている弁護士たちの策略(10/26)
  8. キャッシング審査で自分の収入に見合った返済可能な融資範囲を把握することが大切(10/25)
  9. キャッシングとクレジットカードの特徴を理解して返済を賢くコントロール(10/24)
  10. 消費者金融は銀行グループ同士の競争へと変化(10/23)
  11. キャッシング審査は融資可能な方向へアドバイス!顧客対応が熱心で評判の共済クレジット(10/22)
  12. キャッシング審査や融資の小回りが抜群に利く消費者金融とは!?(10/21)
  13. 借入金利と借入件数はキャッシング利用で最重要(10/20)
  14. 独自の柔軟審査で好評のJトラストフィナンシャルサービスはキャッシングプランも豊富(10/19)
  15. キャッシング審査柔軟のJトラストフィナンシャルサービスでゆとり返済実現(10/18)
  16. ヤミ金融資に頼る人は予想以上に多いキャッシング業界の現状と課題(10/17)
  17. 消費者金融の激しすぎるキャッシング審査の融資否認率(10/16)
  18. キャッシング市場が厳しい状況でもユーザーに必ずチャンスはある!(10/15)
  19. 自宅で簡単融資!普及するネットキャッシングサービス(10/14)
  20. 利息返還請求問題の現状(10/13)
  21. イメージを変えた大手銀行のキャッシング戦略(10/12)
  22. 迅速対応のキャッシング審査と振込みサービスは大手銀行系キャッシュワンだけ!(10/11)
  23. 申込からキャッシング審査まであっという間!新規振込みサービスで当日振込み可能なキャッシュワン(10/10)
  24. 最短キャッシング審査で急な出費も万全!最強の銀行系キャッシュワン(10/09)
  25. 女性に安心のネットでキャッシング審査!時間がなくても携帯で借入返済可能な安心のプロミス(10/08)
  26. キャッシング審査も借入返済も自宅のパソコンや携帯電話で可能!利便性抜群の老舗プロミス(10/07)
  27. キャッシング審査はスピーディかつ丁寧だから初めての方も安心!三井住友銀行グループのプロミス(10/06)
  28. キャッシング審査に通る絶好のチャンス!?より確実な融資を狙うなら新興の消費者金融(10/05)
  29. 消費者金融は独自のキャッシングサービスを強化しているかが成功のポイント!?(10/04)
  30. キャッシング審査も柔軟でキメ細かい対応に優れた消費者金融と好評のネットキャッシングキャレント(10/03)
  31. キャッシング審査柔軟なら大手銀行系!?ポイントやクレジット機能利用なら信販・流通系(10/02)
次のページ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
消費者金融などのキャッシング審査での申し込み時に、必ず記入することになっているのが申込書の記入です。
各記入項目(住所や職業など)はキャッシング業界では「属性」と呼ばれています。

実は、この属性が非常に重要視され、結果としてキャッシング審査に通過するかしないか、また限度額の大小も決まる重要なものとなっています。
しかし、一方でほとんど重要視されない属性もあります。

是非キャッシング審査・申込みの際の参考にしていただければと思います。

●特に重視される属性

・年齢
キャッシング業界では「可処分所得の大小」つまり「自由に使えるお金の多い少ない」を前提に属性を捉えています。
だいたいのキャッシング利用者の平均対象年齢は20?30代となっており、一般的には独身者の方が有利に考えられています。
年齢が上がれば上がるほど、キャッシング審査は厳しくなっていきます。

・電話番号
一番理想なのが、「自宅の固定電話」と「携帯電話」の両方をそろえておくのが一番有利になります。
これは、「確実に申込者へ連絡が付けられるようにするため」です。

・職種(職業)
基本的に「離職率の低い職業」は有利とされています。例えば公務員や多くの会社勤めをされているサラリーマンです。
しかし、水商売系、自営業、などの「離職率の高い職業」「不安定な職業」は不利になるケースが多いです。

・居住年数
特に「年数」が重要視されます。年数が長ければ長いほど、信用が高まり有利に働きます。


●特に重視されない属性

・年収(月収)
これは「自己申告が可能で、裏取りが不可能な属性」のため、あまり重視しない属性となっています。
嘘の年収(月収)を記入するのは決してしないでください。

●書き方によって優劣が左右される属性

・使用目的
たとえ使用目的が「生活費」や「他社借り入れの返済」であっても、キャッシング業者から見れば「返済してくれる可能性が低い」と判断され、限度額が低かったり、場合によってはキャッシング審査に通過できない可能性もあるので、ここは真面目に書きすぎず、「レジャー資金」「車の購入」などを選択すると良いでしょう。

また、借入件数のある方は、件数も注意してください。
消費者金融キャッシングでは3件以内、銀行系キャッシングでは2件以内を目安にしてください。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
実は、キャッシングとは大変便利なサービスです。
しかも、キャッシング審査というのもクレジットカードに比べ、圧倒的に短く、すぐに無担保で利用できるのも特徴です。
特に、消費者金融のキャッシング審査は甘く、よっぽどのことがない限り審査に通ります。
(他社借入れ件数が多すぎたり、他社での返済が遅れていたりなどする場合は、審査に通りません)

いざ買い物をしようという時に、出先でお財布をチェックしたらお金があまりなかった。
そのような経験は、どなたも一度はあるのではないでしょうか?

最近では、クレジットカードで買い物をする機会もずいぶん増えていますので、現金がなくても買い物はできます。
担保が必要になる場合のあるローンと違って、すぐに無担保で融資利用できることもキャッシングの特徴と言えるでしょう。
その他に、キャッシングで現金を用意するという方法もあります。

銀行系や消費者金融系などの金融機関が、現金を個人に融資するのがキャッシングです。
キャッシュカードを使ってATMで自分の預金を引き出すのと同じように利用できます。
利息も返済期間を短くすれば無利息で融資利用できるキャッシングも増えています。

クレジットカードよりも、キャッシングの方が利用しづらいというイメージもありますが、キャッシングの特徴をきちんと把握し、計画的に利用すればキャッシングサービスは大変便利なのではないでしょうか?

クレジットカードでキャッシングも可能ですが、キャッシング利用される場合、返済は一括返済となりますので、高額を利用しないように注意してください。

通常、クレジットカードには、もう一つショッピング機能というのがあります。
これは、文字のごとく、現金を持ち合わせていない場合、カードでお買い物ができる機能です。

ショッピング枠でしたら、一括・分割・リボ払いと支払を選べるので便利です。

このことから、消費者金融でのキャッシング利用は、急な出費で現金がすぐに必要な場合には最適なサービスとなります。

逆に、クレジットカードは、現金を持ち合わせていない場合に便利な機能と言えます。

キャッシングもカード利用も、借りすぎには注意をして、あくまで自分の支払能力を把握した上で利用することが大切です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

最近のキャッシング市場は、大手銀行を中心に消費者金融であるノンバンク事業の再編やM&Aが相次いでいます。

クレディアの経営破綻後、ネオラインキャピタル(旧ライブドアクレジット)がフロックスと改めてグループカンパニーとして得意とするサービスに特化させたり、プロミスの三洋信販を完全子会社化、レイクの売却など、さらに金融業界の淘汰が進んでいます。

このような状況は、大手銀行同士の熾烈なノンバンク争奪戦も同様です。
三菱フィナンシャル・グループは、ジャックスと経営統合させる予定だったセディナ(旧セントラルファイナンス)を三井住友フィナンシャルグループに奪われ劣勢を強いられていきました。
三菱フィナンシャル・グループは、カード事業はニコス、信販事業はジャックス、消費者金融はアコムに経営を集約し、さらにアコムは、DCキャッシュワンを5月1日に完全子会社化すると正式発表しています。それぞれに経営資源を投入していく戦略を明らかにして、大幅なリストラ策も辞さない構えです。

一方、これに対抗している三井住友フィナンシャルグループは、傘下の消費者金融プロミスが三洋信販を傘下におさめたり、カード事業ではダイエー系列のオーエムシーカードの筆頭株主となり、信販事業ではセディナ(旧セントラルファイナンス)を三菱フィナンシャルグループからの争奪に成功するなど優勢な立場に立ちました。

どちらのグループもノンバンク再編は非常に重要な戦略と位置づけており、さらにグループ同士のサービス競争が激化されると予想されます。

今後の課題は、大手銀行がバックボーンについていない武富士やアイフルなどの独立系消費者金融の生き残り策です。
とうとうアイフルは、消費者金融大手では初となる、私的整理に着手しました。
今後のキャッシング業界の動きを、冷静に分析し当ブログに活かして、今後も有益な情報を発信していきたいと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

新規契約の方のキャッシング審査の際に、無利息ローンサービスを提供しているレディースローンが増えています。
レディースローンとは、主婦の方でも低金利の融資が受けられる女性専用のキャッシングローンのことです。

通常、パートやアルバイトなど特殊な職業形態で働く主婦の方は、キャッシング審査が厳しいと言われていますが、このレディースローンというサービスは、見事にその問題点をクリアにしてくれる女性のためのキャッシングサービスになります。

女性専用のキャッシングローンのサービスが増えてきたといえ、年収の3分の1を超える融資は原則として禁止とする、いわゆる「貸付金の総量規制」の昨年末に実施となり、 特に女性の方にとっては、今後非常にキャッシングしにくい状況となることが予想されます。

しかし、そのような状況の中でも、レイクのレディースローンは20歳以上の方ならパートでもアルバイトの主婦の方でもお申し込みができるのでお薦めです。
対応も女性スタッフだから安心です。
 
キャッシング審査に通過すれば、30日間の無利息ローンサービスが受けられます。
通常金利は15%?18%と低金利となっており、これが30日間も利息が取られないのはかなり大きいです。

これだけの無利息ローンキャンペーンを実施しているというこは、消費者金融側にとっては「どうしても新規顧客を獲得したい」という必死なアピールとなります。
ユーザー(利用者)側にとって、これは融資を受けやすい絶好のチャンスとなりますので、この機会を是非利用してみてください。

また、来年2010年1月27日までの新規契約者の方限定で、毎月10万円までの借入なら、なんと金利が半分になるという驚異的なキャンペーンも実施中ですので、かなり毎月お得に借入返済可能です。 

お金が必要だから借りるのに、利息まで払う余裕がない方もいます。
今まで借入れをした経験がある方ならわかると思いますが、無駄とも言えるほどの利息の支払いがないことは、ユーザーからすればリスクがなく、大きなメリットになるはずです。
 
利息だけでも結構な金額になるので、初めて借りたいなと考える方は無利息ローンで安心なレイクのレディースローンは是非お薦めです。

さらに、レイクは昨年親会社の外資系GEから、新生銀行グループにそのままキャッシングサービスが受け継がれてまたので、今後は銀行グループとして、安定した資金力のもと、さらなるキャッシングサービスの展開が期待されます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシングは、基本的に20歳以上の方で安定した収入の方でしたら、どなたでも審査に通り、融資可能なのが特徴です。
ですので、キャッシング審査に通れば、キャッシングというのは主婦や学生でも借りることが可能な無担保の融資になります。
最近ではサラリーマン以外の層の方でもキャッシングの申込みが増えています。

「20歳以上で毎月の収入が安定している方」というのが、キャッシングサービスを利用できる人の資格の一般的な条件としてあげられています。

しかしもちろん、業者によってもキャッシング審査の基準は様々です。
最近では、主婦や学生、アルバイトの人もサービスを利用できるところもありますし、融資額によっては収入を証明する書類の提出が必要になる場合もあり、キャッシングサービスを受けるための資格もニーズに合わせて多様化しているようです。

インターネットでもキャッシングサービスの申込が可能になったことで利用者が増え、簡単なキャッシング審査の後ですぐに振り込んでもらえることもありますが、その場合も後から書類の送付が必要です。

キャッシングは無担保の融資ですから、小額の貸し付けを行っている業者が多いのですが、もしも高額を借り入れた場合でも、収入とのバランスをよく考えなければなりません。

収入に対して借入額が10%程度なら無理のない範囲の借り入れ、さらに25%になると限界ですが、いくらキャッシング審査に通ったからといって、無理な借入れをせずに、ご自分の収入に合わせた返済ができるよう、計画的にキャッシングを利用することが大切です。

来年2010年6月からはいよいよ貸金業法改正法が完全施行され、その中でも総量規制により、借入融資が制限されます。

これは、自分の収入額に対して、3分の1しか借入ができないという借入規制になります。
たとえば、毎月30万円の給料だと仮定すると、月に10万円の借入しかできなくなります。

こうした規制の中で、自分にとって本当に必要な融資を決めることが大切です。
また、自民党政権から民主党政権へと変わったことにより、どれだけ貸金業関連法案が見直されるのかも注目です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融をめぐり、利用者(ユーザー)、キャッシング業界、法曹界(裁判官、検察官および弁護士)の3者が、三つ巴のバトルを演じているのが現状です。

これまで、慣例で認められてきた「グレーゾーン金利」の返還訴訟が相次ぎ、消費者金融各社の経営は軒並み苦しくなっていますが、一方で返還訴訟のための手数料が高すぎるとして利用者と弁護士、司法書士がトラブルになるケースも続発しているのだ。

消費者金融大手4社の2009年度4月?6月の連結決算発表がありまたが、6月末の時点の貸出残高は、武富士が前年同期比29%減、プロミスが同12%減、アコムも今年5月に合併した子会社の分を除くと実質10%程度の減少となりました。
この減少は、過払い金返還請求に伴う業績悪化と、融資総額が年収の3分の1を超えている顧客に対する追加融資制限の自主規制(総量規制)が主な要因です。

特に、過払い金返還によるダメージは大きく、日本貸金業協会によると、2007年度に業界から返還された利息金は、利用者の元本返済に充当された約4200億円と現金で還元された約5200億円の計9400億円にも上り、08年度以降は1兆円を超えているのが現状です。

この過払い金返還請求が増えている背景として、実は弁護士や司法書士らの積極的なPR活動があります。
最近、電車内の広告やテレビCMで「借金、返し過ぎていませんか?」などといった言葉を見聞きした人は多いと思います。
法律事務所などが利用者に過払い金返還請求を促す広告ですが、積極的に宣伝するのはそれだけ儲ける余地があるからです。
なにしろ、手数料を20%としても1兆円の過払い金の裏には2000億円もの手数料市場が生まれている計算になります。

しかし、お金が絡むと当然トラブルが起きます。
日本弁護士連合会(日弁連)、日本司法書士会連合会(日司連)とも、統計はありませんが、依頼者との間でトラブルが増えていることを認めているのも事実です。
中には、「面会もなく勝手に手続きを進められた」「高い手数料を取られた」といった声もあるといいます。
債務整理で稼いだ2億4000万円もの所得を隠していた司法書士の存在も明らかになり、日弁連は債務整理を請け負う弁護士に向けて「指針」を打ち出ししています。

キャッシング業界と法曹界の関係も悪化しているのが現状です。
過払い金請求を起こす人は多重債務者の比率が高く、今後も貸し出しリスクが高いことから、これらの利用者に「コード71」という暗号を付けてキャッシング業界全体で情報を共有してきました。

ですが、過払い金返還請求をビジネスにしている弁護士たちの圧力で、この暗号制度は撤廃される見込みだといいます。

表向きは消費者保護と言っていますが、自分たちのおいしい市場を守りたいだけなのでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融のキャッシング審査は、特によほどのことがない限り、審査に通ります。
しかし、2010年6月より完全実施となる総量規制の実施により、貸し渋りや貸しはがしを行っている業者もいるのが現状です。
総量規制とは、年収の3分の1しか融資が受けられない規制です。

実際、キャッシングユーザーの約4割が年収の3分の1以上の借入をしているという消費者金融業界の実態があります。

こうした背景から、各消費者金融では、信用情報機関にユーザーの照会をして、借入履歴を確認しています。

そして、規制オーバーのユーザーを消費者金融が、貸しはがしを行っているというわけです。

ですので、今後はしっかりと自分の収入に見合った返済可能な融資範囲を把握して、キャッシングサービスに申し込む必要があります。

キャッシングの申込みでは、実際にキャッシング審査に通らなくては融資を受けることもできません。
まず、キャッシング審査に通るための第一の基準が、新規申込み時に、必ず記入することになっている申込書の記入です。

実際に、申込みではどのようなことを消費者金融は見ているのでしょうか?
特に、キャッシング審査に影響の深いものとそうでないものがあるようです。

各記入項目(住所や職業など)はキャッシング業界では「属性」と呼ばれています。

実は、この属性が結構重要視され、結果としてキャッシング審査に通るか通らないか、また限度額の大小も決まる重要な審査基準となっています。
しかし、一方でほとんど重要視されない属性もあります。

是非キャッシング申込みの際の参考にしていただければと思います。

●特に重視される属性

・年齢
キャッシング業界では「可処分所得の大小」つまり「自由に使えるお金の多い少ない」を前提に属性を捉えています。
だいたいのキャッシング利用者の平均対象年齢は20?30代となっており、一般的には独身者の方が有利に考えられています。
年齢が上がれば上がるほど、キャッシング審査は厳しくなっていきます。

・電話番号
一番理想なのが、「自宅の固定電話」と「携帯電話」の両方をそろえておくのが一番有利になります。
これは、「確実に申込者へ連絡が付けられるようにするため」です。

・職種(職業)
基本的に「離職率の低い職業」は有利とされています。例えば公務員や多くの会社勤めをされているサラリーマンです。
しかし、水商売系、自営業、などの「離職率の高い職業」「不安定な職業」は不利になるケースが多いです。

・居住年数
特に「年数」が重要視されます。年数が長ければ長いほど、信用が高まり有利に働きます。


●特に重視されない属性

・年収(月収)
これは「自己申告が可能で、裏取りが不可能な属性」のため、あまり重視しない属性となっています。
嘘の年収(月収)を記入するのは決してしないでください。

●書き方によって優劣が左右される属性

・使用目的
たとえ使用目的が「生活費」や「他社借り入れの返済」であっても、キャッシング業者から見れば「返済してくれる可能性が低い」と判断され、限度額が低かったり、場合によってはキャッシング審査に落とされる可能性もあるので、ここは真面目に書きすぎず、「レジャー資金」「車の購入」などを選択すると良いでしょう。

キャッシング規制が一層厳しくなっていく中で、自分に有利なサービスを受けられるように、このような知識を少しでも理解されることが大切です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

実は、キャッシングというサービスは、よほどのことがない限り、キャッシング審査に通らないということはありません。
キャッシングはクレジットカードと比較した場合、キャッシング審査が甘く、即日で融資を受け取れる大変便利なサービスです。
しかし一方で、利用しづらいイメージもあり、実際のところキャッシングよりもクレジットカードで利用される方のほうが多いのが現状です。

いざ買い物をしようという時に、出先でお財布をチェックしたらお金があまりなかった。
そのような経験は、どなたも一度はあるのではないでしょうか?

最近では、クレジットカードで買い物をする機会もずいぶん増えていますので、現金がなくても買い物はできます。
実は、キャッシングで現金を用意するという手もあります。

銀行や消費者金融などの金融機関が、現金を個人に即日対応で融資するのがキャッシングです。
キャッシュカードを使って、ATMで自分の預金を引き出すのと同じように利用できます。
利息も返済期間を短くすれば、無利息で利用できるキャッシングも増えています。

ですから、非常にクレジットカードに比べ、キャッシング審査も短く、かつ甘いのがキャッシングの特徴になります。

クレジットカードよりも、キャッシングの方が利用しづらいというイメージもありますが、キャッシングの特徴をきちんと把握し、計画的に利用すればキャッシングサービスは大変便利なのではないでしょうか?

担保が必要になる場合のあるローンと違って、キャッシング審査に通過すれば無担保で利用できることもキャッシングの特徴と言えるでしょう。

クレジットカードは、おもにキャッシング機能とショッピング機能と2つの機能で成り立っています。
ここで注意していただきたいのが、キャッシング機能を利用する場合、返済は一括となります。
しかも、金利は、通常の消費者金融とほとんど変わらず、18%?20%前後です。

急に現金が必要になった場合に、キャッシング機能は大変便利ですが、現金が高額の場合、翌月の請求書を見て驚かないようにしてください。

なるべく、返済可能な範囲でキャッシング機能を利用するようにしてください。

一方の、ショッピング機能は、現金を持ち合わせていないときに利用する機能ですが、返済方法を選べるメリットがあります。
また、この選び方によって、金利も変化します。
一括または2回までの分割払いは、金利がゼロになります。(多少、カードの種類よって異なります)
また、3回以上の分割払いやリボ払いは、金利が10%前後になります。

この機能を、しっかりと理解して、カードを利用することで、賢く返済をコントロールすることが可能です。

どうしても、短期間に現金が必要な場合には、消費者金融の即日サービスがやはり便利となります。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


消費者金融やクレジットカード業界では、日本の大手巨大銀行であるメガバンクを筆頭に、相次ぐノンバンク(消費者金融)再編や淘汰の動きが激しくなっています。
また、経営破綻する金融業者も増え、今後ますます業界内は勝ち組負け組みがはっきりと明暗を分け、業界内は経営に体力のある金融機関に淘汰されているのが現状です。

クレディアの経営破綻や、プロミスの三洋信販を完全子会社化、アコムの三菱UFJグループ連結子会社化、レイクの新生銀行グループへの売却、ディックの有人店舗完全撤退、阪急電鉄グループのステーションファイナンス売却など、さらに業界内は熾烈な群雄割拠争いとなりそうです。

このような状況は、メガバンク同士の熾烈なノンバンク争奪戦が影響しています。
三菱フィナンシャル・グループは、ジャックスと経営統合させる予定だったセディナ(旧セントラルファイナンス)を三井住友フィナンシャルグループに奪われ劣勢を強いられていきました。
三菱フィナンシャル・グループは、カード事業はニコス、信販事業はジャックス、消費者金融はアコムに経営を集約して、それぞれに経営資源を投入していく戦略を明らかにして、大幅なリストラ策も辞さない構えです。

一方、これに対抗している三井住友フィナンシャルグループは、傘下のノンバンクである消費者金融プロミスが三洋信販を傘下におさめたり、カード事業ではダイエー系列のオーエムシーカードの筆頭株主となり、信販事業ではセディナ(旧セントラルファイナンス)を三菱フィナンシャルグループからの争奪に成功するなど優勢な立場に立ちました。

さらに、プロミスは三井住友銀行出身からの社長交代の人事を発表しており、今後ますます銀行グループとしてのキャッシングサービスを強化していくようです。

どちらのグループもノンバンク再編事業は非常に重要な戦略と位置づけており、さらにグループ同士のサービス競争が激化されると予想されます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融会社の中で、審査に甘いキャッシングといえば、ネットキャッシングが柔軟と評判です。
特に、低金利ローンで一本化を考えている方でしたら、できればよりキャッシング審査が比較的柔軟なネットキャッシングローンのサービスに借り換えるのが最適です。

最近のキャッシング業界では、増加する利息返還の請求による過払い金の支払いで、ほとんどの消費者金融会社が減収減益になり、しまいには経営破綻するなど、過酷な現状になっています。

大手消費者金融4社の2009年4月から6月期の連結決算では、そろって減益となりました。利息制限法の上限を超える利息(過払い金)の返還請求が高水準で続き、引当費用が増加したのが原因です。

そのような状況下の中でも、銀行系やネットキャッシングと呼ばれる分野のキャッシングは、群を抜いて業績好調です。

特に、ネットキャッシングは、店舗がないため、その分コストが抑えられるので、ユーザーの負担も減ります。
これにより、キャッシング審査が柔軟で、超低金利や高額融資のキャッシング・ローンサービスが可能となりました。
 
その中でも共済クレジット借換ローンでは、消費者金融よりも、お得な低金利9.125%?18.25%と、複数の借入を一本化することができ、非常に好評を得ています。
 
共済クレジットは、まだ新興の新しいキャッシング会社ですので、顧客獲得に熱く、キャッシング審査も柔軟なので、融資を受けるには絶好のチャンスと言えます。
また、共済クレジットでは、斬新なキャッシングプランの商品が豊富なのが特徴です。

さらに現在では、スリーオーバーローンという、他社借入3件以上ある方限定の商品が登場しました。

これは、今までにないサービスで、従来の消費者金融でしたら、他社借入れがある方には、おまとめローンで対応というのが一般的ですが、これは逆に審査が厳しくなり、現実問題としては、なかなか融資が受けられないという事情もありました。

しかし、共済クレジットのスリーオーバーローンでは、おまとめローンというよりは、即日融資キャッシングのような感覚での商品の位置づけとなっており、非常に利用しやすいというメリットがあります。

しかも、このスリーオーバーローンでは、最大融資額が500万円と、まさにおまとめにも適した融資額の上、専門のキャッシングアドバイザーが親身に対応してくれるので、安心の商品と言えます。

金利も9.125%?18.25%と低金利で、一本化することにより、それまでの返済よりも楽になるでしょう。

さらに、共済クレジットのもう一つの特徴として、返済期間の圧倒的な長さが挙げられます。

先ほど紹介した借換ローンやスリーオーバーローンはもちろんのこと、通常の即日振込ローンも同様、最長10年の返済期間となっており、毎月の返済がかなり軽減可能なのが特徴です。

通常の消費者金融では、2・3年の返済期間が一般的で、長いところでも最長5年が限界です。
しかし、共済クレジットはさらに10年と、消費者の立場を考えたキャッシング商品構成なので、非常に利用しやすいのが嬉しいです。
 
共済クレジットは、申し込みは、ウェブ上で可能ですが、融資は、確実に受け取ってもらうために直接来店となりますので、ご注意ください。

ネットでの借入返済が当たり前となっている今のキャッシング業界の中で、共済クレジットの来店融資は非常に珍しいです。

しかし、直接来店での融資だからこそ、誠実で、信頼のあるキャッシング会社であるという証拠です。
非常に、顧客対応も熱心で丁寧と好評ですので、是非利用されることをお勧めします。
 
人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

グレーゾーン金利廃止で、ますますキャッシング審査が厳しくなっていく中、審査激甘で借りやすい消費者金融を見つけるのは、現実問題かなり難しいと言えます。

しかし、このような状況の中でも、地域密着型の中小消費者金融や新興の消費者金融は、キャッシング審査が甘く、融資を受けやすい環境となっています。

その理由は、大きく2つあります。
・地域密着型は、キャッシング利用者自体が大手に比べ少なく、地域に根ざしたキメの細かいキャッシングサービスや、相談をするので、通常では審査に通らない案件も考慮して、融資してくれる
・認知度が限られているため、新規顧客獲得のためにビジネスマンだけでなく、自営業や主婦、事業者、学生など幅広い層をターゲットにして融資をしているので、審査に通りやすい

といった背景があります。

地域密着型でお勧めな消費者金融としては、関東圏(東京・埼玉・神奈川・千葉・静岡・栃木・茨城)在住の方を対象としたアイシーローンや、関西圏(大阪・神戸・京都)在住の方を対象としたラビットが評判です。

また、新興の消費者金融では、ネットキャッシングにも強いアイキャッシングや、キャレント共済クレジットサンライフがお勧めです。

キャッシング審査に通りやすい間に、継続して融資の利用をしていると、増額のチャンスが早くなるといったメリットも地域密着型、新興の消費者金融ならでわです。

是非、利用されてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシングの利用とその消費者金融業者の比較検討において、一番重視したいのが、借り入れ利息(金利)です。
キャッシングでの借り入れ融資を返済するためには、元金とともに利息(金利)の支払いが必要になってきます。
実質年率という言葉を、見たり聞いたりする機会があると思います。
実質年率とは、キャッシングで借り入れた全金額を、一年で返済した場合の利息の割合のことを言います。

例えば、実質年率が10%の業者から100万円の借入をした場合、365日かけて返済したら利息は10万円になります。
利息の計算方法のひとつに日歩というかたちがあり、これは元金に対する一日あたりの利率のことです。
消費者金融の中にはこの計算方法をとっている業者もあります。

映画やドラマで使われる「トイチ」ということばは、10日で1割の利息という意味です。
貸金業規制法という法律の元に、利息の上限は定められており、実質年率は29.20%以下(来年より法規制に伴い、15%?18%へ上限規制)となっています。
今後は、2010年を目途に実質年率の利息上限が15%?20%以下となり、キャッシング審査は厳しくなっていくと予想されます。

これ以上の実質年率で利息を請求した場合、その業者は法律に違反したことになります。

また、すでに数社借入のある方は、借入件数も注意して比較検討してください。
借入件数は、消費者金融のキャッシング審査基準では、融資可否を決めるほど相当重要な項目となっています。

目安としては、消費者金融大手は3件以内、銀行系キャッシングは2件以内を目安にしてください。
もし、これ以上の借入件数があれば、1件でも減らすようにしてください。
それが、融資につながる最善の方法です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

旧大手鉄道会社阪急電鉄グループを母体としたキャッシングサービス提供のJトラストフィナンシャルサービス(旧スタッフィ)は、数ある消費者金融の中でもキャッシング審査が抜群に柔軟と好評です。

通常の消費者金融会社にはない独自のキャッシングサービスで、他社との差別化を図り、特に接客対応に関しても抜群に評判です。

一方で、ここ数年のキャッシング市場は、利息返還請求の急増やグレーゾーン撤廃への動きに対応するため業界内では相次ぐ再編や淘汰の動きがありました。

実は、消費者金融スタッフィも2009年2月9日に阪急電鉄グループから事業を撤退する発表し、商工ローンで事業展開しているイッコーという会社(大証2部上場)に売却が決定されました。

他のキャッシング業界の動きとしては、プロミスが三洋信販のTOBを成立させ連結子会社としたり、親会社のGEグループがレイクを新生フィナンシャルグループに売却したり、アイフルが私的整理に着手をしたりと、再編の動きが激しいです。

そのような厳しいキャッシング業界の中、まさにキャッシング審査が柔軟な消費者金融ということで人気なのがJトラストフィナンシャルサービスです。
スタッフィは、消費者金融の中でも審査がとても甘く、低金利で柔軟な対応で良い評判です。

2007年7月から金利値下げでさらに使いやすくなりました。
15?18%と、かなり低金利での融資が期待できます。
 
キャッシング審査が、オンラインからだと約10秒という短時間です。
キャッシング審査から最短で、当日での即日振込みが可能で、最大200万円までの融資が可能です。
 
審査通過から振込までが早く、名前の通り「特急」並みに早いです。(※スタッフィ時代は、特急キャッシングというサービス名でした)
 
また、柔軟な対応は接客部分でも言えるようです。
接客対応はもちろん、電話対応もとても評判が良く、気持ちよくキャッシングができそうですね

Jトラストフィナンシャルサービスのフリーローンは、月々の返済金額をもっと減らしたい、5年後の返済を楽にしたい、ゆとりを持って、計画的に返済ができたらと望んでいる方に、最適なプランです。

最長5年10ヶ月(70回)までの返済プランがOKなので、ゆとりを持って計画的に返済することができます。
生活にゆとりを持った返済プランを立てることができ、消費者のニーズに答えた満足な完済プランになるでしょう。
 
自社ホームページでは、お試し審査も行っています。
甘く柔軟なキャッシング審査と、低金利でゆとりを持って返せる消費者金融スタッフィは、是非お薦めです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融は金融業界の中でも、キャッシング審査が比較的柔軟なのが特徴です。
その中でも、旧阪急電鉄グループのJトラストフィナンシャルサービス(旧ステーションファイナンス)は、キャッシング審査が柔軟とキャッシングユーザーから大変好評です。

通常の消費者金融とは異なり、金融業界では珍しいもともとは旧大手鉄道会社の異業種からの参入ということもあり、接客対応も抜群に好評で、人気の消費者金融です。

実は、スタッフィ(現Jトラストフィナンシャルサービス)の元親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)は2009年2月9日に、連結子会社の「ステーションファイナンス」(大阪市)を売却し、消費者金融事業から撤退すると発表されました。 
2月中に保有する全株式を、大証2部上場の商工ローン業「イッコー」に売却されました。

現在は、イッコーがスタッフィのキャッシングサービスを継続することになり、Jトラストフィナンシャルグループの一員として運営をしています。
売却する最大の原因が、グレーゾーン金利に伴う利息返還請求の増加です。

やむなく、阪急電鉄グループはキャッシング事業から撤退せざるを得ませんでした。

しかし、今後は貸金業専門のJトラストフィナンシャルグループに譲渡されたので、キャッシングサービスに専念できるメリットがあります。

現在、消費者金融業界では、スタッフィのみならず大手消費者金融を筆頭に、約3分の2の金融会社が利息返還請求問題を皮切りに大打撃を受けていると言われています。

消費者金融の中でも、安定してスタッフィは、審査が甘く、振込み融資も即日で柔軟な対応で良い評判です。

スタッフィでは、2007年7月から他の消費者金融に先立って、金利値下げでさらに使いやすくなりました。
15?18%と、かなり低金利での融資が期待できます。
 
さらに、キャッシング審査が、オンラインからだと約10秒という短時間は驚きです。
最短で、当日での即日振り込みが可能で、最大200万円までの融資が可能です。
キャッシング審査から振込までが早く、名前の通り「特急」並みに早いです。
 
また、柔軟な対応は接客部分でも言えるようです。
これは、旧阪急電鉄グループ時代の教育制度をしっかりと受け継いでおり、接客対応はもちろん、電話対応もとても評判が良く、気持ちよくキャッシングができそうです。
 
返済期間も最長5年10ヶ月(70回)と、ゆとりを持って返済可能で、計画的に返済ができたらと望んでいる方には最適なキャッシングプランとなっています。

通常、消費者金融では返済期間というのが3年以内というのが普通ですので、いかにゆとりを持って返済できるかというのがお分かりいただけると思います。

生活にゆとりを持った返済プランを立てることができ、消費者のニーズに答えた満足な完済プランになるでしょう。
 
ホームページでは、おためし審査も行っています。
甘く柔軟なキャッシング審査と、低金利でゆとりを持って返せるJトラストフィナンシャルサービスは、是非お薦めです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融における融資の「成約率」は、3割を切って低迷しているのが現状です。

特に、新規で融資を申し込んだ10人のうち、借りられたのは3人もいない状況です。

このような状況下で、大手消費者金融各社を筆頭に、貸金業法の全面施行を控えて業者側が審査を強化しているため、借りられなかった人が違法なヤミ金融に頼る可能性も出てきています。

最近では、ヤミ金融より金利が低くして融資をしている「ソフトヤミ金」が問題化しています。

この状況を受け、「受け皿」となる公的貸付制度の整備が課題になっており、厚生労働省は制度を見直す方針です。

本貸金業協会の調査によると、消費者向け無担保貸し付けの成約率(132社まとめ)は06年9月に4割を超えていたのが、08年3月には26.8%まで下がったと報告しています。
今年3月も27.7%(速報値、21社まとめ)と、3割を切っています。

これはもともとは、多重債務問題に対応するため06年12月にできた貸金業法によって、規制が段階的に強まっていることが大きな要因です。
上限金利の引き下げや借入残高の総量規制も来年2010年6月までに導入される予定で、業者による顧客の選別が進んでいます。
世界的な金融危機で業者が自らの資金繰りを優先し、融資を手控えたことも成約率を押し下げた背景もあります。

協会が今年2月に公表したアンケート結果(複数回答あり)では、希望通りに借りられなかった人のうち、支出の抑制や収入増の努力で借金を見送った人は7割、親族や知人らから借りた人が3割いて、「ヤミ金融など非正規の業者を探した」人も7%いました。
借り入れ経験者全体では12%がヤミ金融の利用経験があり、そのうち3%はいまも利用しています。

消費者金融業界側は「正規業者から借りられない場合、ヤミ金融に頼る人は予想以上に多い」(協会)とみており、ヤミ金融を拡大させないためにも、規制強化を緩めるよう求める意見が根強いのが現状です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


消費者金融各社では、新規の借り入れ申し込みに対して融資を実行した割合が「10人中3人」にとどまっているという深刻な状況です。

アイフル、アコム、武富士、プロミスの4社の成約率は、5月に平均31.3%と申込者の7割が審査で落とされています。
これは、貸出額を年収の3分の1までに制限する「総量規制」などを盛り込んだ貸金業法改正の施行を約1年後(2010年6月より完全施行)に控え、融資審査を厳しくしています。

大手4社の平均成約率は今年1?5月でみても、前年同期に比べて約3ポイント低い約29%で過去最低水準になっており、改正貸金業法が成立した2006年12月以前の平均成約率は50%台で推移していたころよりも、半分近くに落ち込んでいます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融大手4社の2009年4?6月期の連結決算が8月7日に出そろいました。

アコムとプロミスの純利益が前年同期比で減少しました。
これは、来年の規制強化に向けた融資基準の厳格化と貸出金利の引き下げの影響で、利息収入が落ち込んだためです。
さらには、貸倒費用の増加も影響しています。

アイフルの連結純利益は、前年同期比73%減の49億円、アコムの純利益は64%減の72億円、プロミスは28%減の86億円と3社とも、前年比減益となりました。

一方、唯一増益となった独立系消費者金融大手の武富士は、前期(1?3月期)に利息制限法の上限を超える利息(過払い金)返還に備えた引当金を大幅に積み増しており、利息返還費用の軽減が寄与し7倍の92億円となりました。

営業収益においても、武富士を除き、3社ともそろって減収となりました。
来年6月までに完全施行される改正貸金業法では、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する総量規制が導入されます。
消費者金融各社は、新規契約融資に非常に慎重になっており、融資残高は軒並み縮小しているのが現状です。

さらに、先月9月には独立系消費者金融大手アイフルが民事再生法を適用するなど、経営が悪化しており、黒字を確保しても厳しい状況は変わりません。

そのような状況の中でも、いかに賢く条件の良いキャッシング選びをするかをこれからもこのブログで提案していきたいと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます



最近では、キャッシング審査から融資までの流れが圧倒的に早いネット上でのキャッシングサービスが大変好評です。
インターネット上に大きなショッピングモールを持つ、楽天やYahoo!などもキャッシング機能のついたカードを発行していますし、ATMや自動契約機など、自社窓口を持たず、インターネットだけでサービス提供をしているキャレントなどの業者など多数の金融会社があります。

ネットキャッシング系以外の業者でも、インターネットでの申し込みが可能な業者もありますが、ネットキャッシング系は、申込から融資までが全てインターネットだけで行えるのがポイントです。

さらに、店舗に出向いて返済する必要もなく、インターネットバンキング等を利用して振込が可能です。
キャッシングといえば、以前は実店舗の窓口で免許証や保険証などの身分証明書を提示し、対面でしか利用できませんでしたが、時代とともに無人契約機の設置が増え、今では自宅でキャッシング審査が受けられるサービスが利用できるようになりました。
キャッシングサービスは、ますます便利になっています。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融では、個人向けの無担保ローンサービスを利用者に提供する際、消費者金融各社が利息制限法を越えて受け取った利息(過払い金)を、利用者へ返還する金額というのが、増加し続けています。
これは、俗に利息返還請求問題と言われ、これを機に、各金融サービスの審査基準がますます厳しくなり、貸す人を絞っているのが、今のキャッシング業界の現状と言えます。

大手消費者金融5社(武富士、プロミス、アコム、アイフル、三洋信販)の利息返還額は2007年1?11月で2600億円を超え、2008年から倍増しています。
年間で、3000億円に膨らむ可能性がでてきました。
これは、過払い金返還請求が本格化して2年ほど経過して、利用者の認知度が徐々に高まっているのが原因です。

これにより、消費者金融各社は引当金を積んで、このまま増加が続くと、追加負担が生じる可能性がでてきました。

実は、過払い金の返還請求をすると通常は、新たな借り入れが困難になります。
しかし、その背景には、貸金業改正法(グレーゾーン金利廃止)の成立を受けて、消費者金融の金融審査が厳しくなり、資金繰りに行き詰った利用者が返還請求に踏み切っています。
最近では、ローンを完済した過去の利用者からの請求も増え、返還請求の2割を占める大手金融会社もあります。

グレーゾーン金利撤廃の本格化が2010年6月の完全施行に迫っている今日だからこそ、ますます自分で自分の身をしっかり守れるキャッシング利用をすることが求められています。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


大手銀行と消費者金融がグループであるということによって、大きく変わったのはキャッシング業者のイメージではないでしょうか?

アットローンプロミスは三井住友銀行のグループ業者ですし、キャッシュワンとモビットは三菱UFJフィナンシャル・グループ(DCキャッシュワンは5月1日より、同グループ大手アコムの完全子会社となり、キャッシュワンとなりました)、ノーローンやレイクは新生フィナンシャルグループ、といったように、現在よく耳にするキャッシング業者の名前は、ほとんどが銀行と結びついています。

銀行以外にも、ネットキャッシングの普及により、今まではキャッシングやローンとは関わりのなかったYahoo!や楽天グループなどもサービス開始し始めています。

以前は、借金=消費者金融=サラ金という図式でしたが、今ではずいぶん違います。
それには、テレビCMの効果も大きいようです。

先月9月に民事再生法を適用したアイフルは、CMのチワワが社会現象にまで発展し、レイクやプロミスはモデルやグラビアアイドルの起用によってイメージアップを確実なものにしました。

そして、最近では、グレーゾーン金利撤廃の動き(2010年6月より完全実施)に伴い、大手消費者金融は生き残りをかけて、大手銀行との業界再編をますます強化し、収益安定を図っています。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

初めてキャッシングをされる方には、借入も返済も安心の大手銀行系のキャッシングローンサービスが安心です。
その中でも、即日対応のキャッシング審査が評判の低金利キャッシングとしてお勧めなのが、キャッシュワンのキャッシングサービスです。

キャッシングへの不安がなかなか取れないという方は、特に、銀行系の中でも大手銀行が筆頭となって運営しているキャッシングカードローンはお勧めです。
大手である、三菱UFJフィナンシャル・グループである消費者金融大手アコムのキャッシュワンなら安心です。
 
もともとキャッシュワンは、DCキャッシュワンとして展開をしていたキャッシングになります。
今年5月に同グループであるアコムがDCキャッシュワンを完全子会社化したという経緯があります。

DCキャッシュワンは、米倉涼子さんが主演していたキャッシングブランドですので、ご存じの方も多いと思います。
あの有名なDCカードの発行企業でもあります。
 
このDCキャッシュワンでは、初めての方でも借りやすい12,0?18,0%という安心した低金利での利用ができましたが、キャッシュワンに生まれ変わったさらに低金利となりました。
7.7%?17.8%とさらに金利が低くなりました。

また、初回から300万円までの借入ができ、ゆとりを持った大口キャッシングもできるのもメリットです。
 
これは銀行ならでわの条件ですので、消費者金融にはマネができないサービスと言っても良いでしょう。
 
カードキャッシングですが、カードの入会金も年会費も無料ですので、気軽に利用できる事もお薦めできる理由です。

さらにこのキャッシングの素晴らしい所は、キャッシング審査の対応です。
3秒診断と素早い対応です。

電話やFAXを始め、パソコンや携帯電話からの申込もできるので、いつどこにいても申込みができるようになっています。
 
また出費というのは、いつどこで起こるか分かりません。
そんな時は「新規振込サービス」の利用をお薦めします。

この振込サービスの利用によって、初めての方でも当日中に振込み可能となっています。アコムの『むじんくん』からのカード受取も可能です。
さらには、借入返済時のATMの利用手数料も無料なのでお得です。
 
大手だけあって提携しているATM台数も圧倒的に多く、コンビニからでも時間外でも無料で利用できるのが特徴です。
 
これだけのメリットを備えたキャッシングはなかなか存在しないのが現状です。
初めてのあなたでも、心強いキャッシングができるでしょう。

また、銀行大手ということもあり、対応に関しても好評です。
お金を借りるユーザーは、大切なお客様ですので、充実したより良い対応が期待できます。
 
また利用者の中でも評判が良いのが、返済しやすいという事です。
インターネットで返済ができ、借入返済シュミレーションを利用すれば、毎月の具体的な返済プランが立てやすく、ゆとりを持ったキャッシングライフが送れることでしょう。
 
初めての方には最適な融資条件が揃った大手銀行系キャッシングの低金利キャッシュワンに是非、お申込みされてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


最近では、大手銀行系のキャッシングサービスでも、ネット上でのオンラインサービスに力を入れているところが多く、オンラインでのキャッシングサービスを利用する方が年々増えています。
ネットでのキャッシングなら、いつでも簡単に申込みが可能ですし、またキャッシング審査が早いということで自宅で気軽にキャッシングサービスに申込めるということで、人気が高いです。
特に、三菱UFJフィナンシャル・グループであるアコムのキャッシュワンでは、ネットでのキャッシングサービスが評判です。

そもそも、大手銀行系のキャッシングローンサービスは、資金力や利便性を背景に、もともとグレーゾーン金利撤廃への動きに向かう以前から、低金利と高額融資のサービスを実施しているためキャッシング市場では、かなりの人気となっています。

また、通常の銀行ローンとは違い、キャッシング審査が圧倒的に早いという特徴があります。

利息返還請求の急増、グレーゾーン金利撤廃で大手の消費者金融を皮切りに大打撃を受けている今だからこそ、好調な大手銀行系キャッシングが人気があるのもうなづけます。

特に銀行系キャッシングの中でも申し込みの際に、入力が面倒で嫌という人にはキャッシュワンの「3秒診断」がお薦めです。
 
普通の申し込みとは違い、記入欄が少なく、ネットで簡単に素早く申し込みができてしまいます。
 
カードも、最短で即日発行が可能です。
初めての方でも、当日中に振込可能な「新規振込みサービス」が好評です。

キャッシュワンは、急ぎの場合や、急な出費でも安心して借入ができます。

キャッシュワンのメリットは、申し込みやキャッシング審査の手軽さだけではありません。
7.7%?17.8%の低金利という部分と、最高融資額が300万までと、かなりゆとりを持って借りられます。
 
また利便性が高い上に、インターネットや全国のATMやコンビニでも借入れ返済が可能となっています。
 
キャッシングの審査時間と金利については、銀行系キャッシングローンサービスの中では、トップクラスのキャッシュワンですので、まずは借入返済シュミレーションで試してみて下さい。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

安心してキャッシングサービスを利用するには、大手銀行系のキャッシングサービスが一番最適です。
特に、三菱UFJフィナンシャル・グループである消費者金融大手アコムのキャッシュワンは、低金利ながらキャッシング審査の圧倒的な早さが特徴で、キャッシングユーザーから大変好評の大手銀行系キャッシングです。

もともと、銀行系のキャッシングサービスは、キャッシング審査が厳しく、しかも即日性に欠けているというのが特徴的でしたが、現在では、全く逆です。
低金利かつ即日での融資が可能で、比較的大手の銀行系キャッシングは、最短審査ということで、初めての方でもかなり人気のキャッシングサービスです。

今では、大手銀行グループ同士での熾烈な争いも激化しており、まさにこの競争は、消費者にとっては逆にサービス向上を表し、キャッシング市場の今後の良い方向へと導いています。

特に、三井住友フィナンシャルグループと三菱フィナンシャル・グループの消費者金融やクレジットカードなどのノンバンク融資サービスにおいての熾烈な顧客獲得競争が続いています。

三井住友銀行では、アットローンを展開したり、大手消費者金融プロミスを傘下においています。一方、三菱UFJフィナンシャル・グループでは、大手アコムを傘下とし、さらにアコムは5月よりDCキャッシュワン(現キャッシュワン)を完全子会社として、さらにキャッシング商品を強化することで攻勢しています。

これら大手銀行グループの熾烈な争いは、結果として融資サービスの質を高めており、ノンバンク融資サービスの業績も好調に伸ばしています。

その中でも、アコムのキャッシュワンは、予定外の急な出費にもスピーディな対応で融資をしてくれます。

三菱UFJフィナンシャル・グループの中の三菱東京UFJ銀行と言えば、竹中直人さんと桃井かおりさんのCMでお馴染みのモビットも構える、メガバンクでもあります。
 
どちらも、非常に融資条件が良く、利用がしやすいと好評ですが、細かい融資条件を見てみると、キャッシュワンの方が上回っています
 
というのも、モビットでは10秒審査に対し、キャッシュワンは3秒診断と、さらにスピーディです。
インターネットからの申込みで、300万円までの融資が可能になり、カードも、即日で発行してくれるという優れものです。

また、初めての方も「新規振込みサービス」を利用されると、当日中に振込みが可能ですので、急な出費対応も万全です。
 
キャッシュワンは、手持ちがない、といった場合には非常に便利であり、パソコンや携帯電話があるならば、会社にいてもどこでも申込めるのがメリットです。
 
モビットと比較をしてみると、更に上回っている条件があります。
 
それは、実質年率です。
キャッシュワンは、7.7%?17.8%と大変魅力的な低金利です。
 
金利は少しでも低く抑えたいものです。
低金利ローン、低金利キャッシングと呼ばれるのはこの事からです。
 
また、返済面でも消費者を考慮した対応をしており、全国で82,000台もの数のATMが、無料で利用できるのです。
さらには、インターネット返済も可能で、24時間体制となっていますので、かなり利便性は高くなっています。
 
そしてもしあなたが、三菱東京UFJ銀行の口座を持っているならば、自動引き落としも可能です。
「ついつい忘れちゃった」と多忙な日々の中では、このような返済の見落としも出てくることでしょう。
 
人気の秘密は、このようなさりげない配慮にもあったようです。
銀行系キャッシングでは、貸出伸び率が高いことでも有名なキャッシュワンです
 
これで、ますます信頼度も高くなりました。
是非、キャッシング審査が圧倒的に早いキャッシュワンにお申込みされてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


今やキャッシングの利用者は、6割が男性、4割が女性を占め、以前よりも女性の利用者が圧倒的に増えています。
その理由は、働く女性の増加やネットの普及と言っても良いでしょう。
 
そのため、金融業界も女性へ向けたサービスを多く展開しており、様々なキャッシングプランが誕生しています。
 
数あるキャッシングサービスの中でも、三井住友銀行グループの大手消費者金融プロミスは、女性へ向けたレディースキャッシングというのはありませんが、女性にも優しいキャッシングを行っており、ユーザーに大変好評な消費者金融です。 
  
プロミスでは、ネットからの申込、キャッシング審査に迅速対応していますので、忙しい女性の方でも簡単にオフィスや自宅でできるので、好評です。

また、プロミスは、女性にも最適な低金利(7.9%?17.8%)での融資サービスを提供しており、評判は抜群です。
 
プロミスは、消費者金融業界の中でも最大手であり、また、メガバンクである三井住友銀行グループでもあるため、女性の方でも安心して相談できると言った信頼性抜群なのも人気の理由の一つと言えます。
 
女性は、そもそもキャッシングに対して抵抗が男性よりあるのが特徴です。
ですが、特にネットキャッシングを好む傾向があります。
初めてのキャッシングというと、女性の方は大きな不安を抱きますが、来店不要でネットからの申込とキャッシング審査が可能ですので、女性からの指示も厚いです。
 
ネットで申込むと、最短最速で審査結果が分かり、現金が「ちょっと必要になった」と言った場合でも、気軽にキャッシングできるのがポイントです。
 
利用者の声を見てみても、友人との旅行やショッピングなどと、女性らしい用途で利用している方も多いようです。
 
また女性だけでなく、サラリーマンなどにも向いていると言えます。
先程説明したキャッシング審査もそうですが、ネットからの申込みですので、24時間申込みが可能です。
 
忙しく時間が取れないという方でも気軽に利用できます。

また、そのような方の中でも借入をする時間も取れないという方もいらっしゃるでしょう。
でもプロミスなら、パソコンや携帯電話、コンビニで時間外でも手数料は無料で利用できるので安心です。
返済時ももちろん同様に無料で、コンビニでも一切費用はかかりません。

大手だからできるキャッシングサービスが体験できます。
 
人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


時間が取れずになかなかキャッシングを借りたくても借りに行く事ができない、という方もいらっしゃると思います。
 
そんな方には、ネットからの申込みをお勧めします。
特に大手消費者金融のプロミスでは、自動キャッシング審査での対応をしてくれるので、迅速な対応で安心です。
さらには、24時間いつでも借入ができ、最短での振込が可能なのもお勧めな理由の一つです。
 
ここまでスピーディな対応ができるのは、やはり大手消費者金融であり、三井住友銀行グループという財務基盤がしっかりしているからではないでしょうか?
 
また返済についても、金利は利用日数分のみの適応です。
ですので、1週間のみの利用ならば、7日間の利息しかつきません。

現在、9月30日まで限定で、初めての方に30日間無利息キャンペーン中ですので、これを利用することでさらにお得に借入返済可能です。
 
プロミスのもう一つの特徴として、大手銀行グループの大手消費者金融ということもあり、提携ATMやコンビニも莫大な数を誇っています。
嬉しい事に、24時間の手数料も無料ですので、好きな時に、借りたり、返したい時に返済できるのもユーザーにとっては大きなメリットとなっています。
 
このスピーディかつ、利便性、そして確実な対応は、プロミスならでわの特徴とも言えるでしょう。 
 
このような対応からも分かるように、利用者の感想は、申し込みから融資、返済に至るまでの対応に、非常に満足しているようです。
 
プロミスは、大手の消費者金融の中でもトップを争う程の人気を持ち、初めて融資を受けたという方からも、抜群に人気のキャッシングです。
 
また最近では、利用者の中には女性の方も多く見受けられます。
 
女性の方が融資を検討する際はやはり、
「金利が安定しているか」
「安心したキャッシングができるのか」
などと言った不安が先に出るようです。
 
しかし、実に多くの利用者が対応から融資額まで満足しているということですので、安心したキャッシングが期待できます。
 
急な融資が必要になったという場合でも、あなたが満足できるような対応が期待できます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


お金を借りたいけど借りた事がないから不安という方は、キャッシングの申込から審査、融資に至るまで、親切丁寧な対応が好評の大手消費者金融プロミスのフリーキャッシングがおススメです。

”マネーにもマナーを”

このフレーズのテレビCMで中川翔子さん出演でお馴染みですが、プロミスでは初めて借入をする人のためにお得な低金利での融資を行っているのが特徴です。
 
プロミスは消費者金融の中では、トップを誇る低金利で有名ですが、パソコンや携帯電話のネットからの申込も可能で、来店不要で利用ができます。

また、プロミスはメガバンクの三井住友銀行グループですので、安定した低金利融資が可能なので、初めての方にも安心してご利用いただけます。
 
フリーキャッシングでは、300万までの融資が可能ですが、50万円までなら、来店不要でネット上で申込可能です。
 
ですので、「ちょこっと借りたい」「急な出費で困った」という方にピッタリなキャッシングです。
 
ネットからなら24時間申し込みの受け付けをしているので、仕事などで遅くなっても時間を気にすることはありません。
携帯一つですぐ申し込みができてしまうのです。
 
また、プロミスの魅力は、審査後即回答をしてくれることです。
自動審査ですので、何時間も待つということはありません。
 
振込に関しても、審査後最短即行ってくれるので、急ぎで必要な方にも向いてると言えるでしょう。
 
通常手数料がかかる夜間や休日でも手数料がかからないのは、ユーザーの大きな力になります。
 
スピーディな上に、電話対応や接客対応の良さも好評で、さすがは大手の金融会社とまであるだけ、非常に評判が良いのも初めての方には安心です。
 
さらに、大手ということもあり、全国の提携銀行やセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートからでも返済が可能です。
 
利用者の中でも満足度が高く、どの消費者金融会社が良いか迷うのならばプロミスが良いでしょう。
 
キャッシング審査も好評ですので、パートやアルバイト、主婦の方でも簡単に申し込みができることでしょう。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


キャッシング審査が甘く、より確実にキャッシングするには、大手ではなく中小規模の消費者金融がお勧めになります。
大手とは異なり、中小の消費者金融のキャッシングは審査が甘く、柔軟でより確実な即日融資・借り入れ対応が特徴です。
その中でも、まだ設立間もない新興の中小の消費者金融キャッシングは、より確実な融資が期待できます。

通常、中小規模の消費者金融では、他社借り入れ件数が最大7,8件の方でも審査に通過し、融資可能な場合が多いですが、最近では、大手を筆頭にグレーゾーン金利廃止に向けてのキャッシングの法規制の影響で、審査基準がかなり厳しくなっています。
その流れも、中小の消費者金融にも現れ、以前より審査が厳しくなっているのが現状です。

そのような状況を踏まえて、特に新興の消費者金融のキャッシング審査は甘く、より確実に即日融資を受けやすいチャンスと言えます。
30日間無利息サービスが何回でも利用できるキャレントや、他社借入れ件数3件以上の方限定のキャッシングサービスがあったり、返済期間が最長10年間のゆとり返済が可能な共済クレジットなど、それぞれ独自のキャッシングサービスが特徴的な新興消費者金融がお勧めです。

新興の消費者金融は、まだキャッシング市場の中でも認知度は低いため、新規顧客を一人でも増やすための獲得の取り組みに必死です。
ですので、一人でも多くの方に融資を提供することでリピートしてもらう狙いもあり、キャッシングの審査が甘く、より確実に融資を受けやすい状況となります。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシング市場では、様々な分野の多数の消費者金融金融会社が存在しますが、その中でも比較すると、利息返還請求の急増やグレーゾーン金利廃止の影響をもろに受けた金融会社のほとんどが、消費者金融系と言われています。実に、消費者金融の3分の2が貸し付け残高を減少させたと言われています。

しかし、大打撃を受けた消費者金融の中にも着実に業績を伸ばしているお勧めの消費者金融が存在します。
消費者金融は、貸付残高の規模によって大手、準大手、中堅、中小などに分かれますが、規模に関わらず業績を着実に伸ばしている消費者金融の勝ち組がいつくか存在します。

大手ではプロミスやアコム、中堅?中小においてはキャレントといったところです。

これらのお勧めの消費者金融系に共通しているのが、「独自のサービス」を強化していることです。
差別化をしっかりと打ち出し、それが結果としてユーザー(利用者)に好評なことが業績を伸ばしているのではないでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ほぼ確実にキャッシング審査に通過して、借入れサービスを利用されたい方でしたら、新規顧客のキャッシングユーザー獲得に熱心な、中小の消費者金融がお勧めです。
その中でも、設立間もないキャッシング審査激甘の消費者金融キャレントは、何度でも利用可能な30日間無利息キャッシングサービスがユーザーに大好評で、今注目の中小の消費者金融になります。

中小の消費者金融は、大手とは異なり、非常に審査が激甘で、柔軟な対応がところが特徴です。
しかし、キャッシング市場の中で、ますます撤退を余儀なくされているのが、中小の消費者金融であるのも事実です。『消費者金融白書』によると、5社に1社はキャッシング業界からの撤退を考えているそうです。

やはり、その最大の原因となるのが利息返還請求の急増です。
この支払い額が予想以上に大きく、利益どころか赤字の金融会社が多くなったのが現状です。

そのようなキャッシング市場では、各社生き残りをかけるための政策として、独自のキャッシングサービスで差別化を図ったり、大手消費者金融は大手銀行と提携して、資金力を強化したり、銀行から債務保証業務といわれる業務を委託することにより手数料を確保して、複数の利益獲得を目指しています。

もちろん、すべての中小の消費者金融は撤退したわけでなく、独自のサービスを提供することにより、キャッシング市場で成功をしている金融業者も存在します。

特に、中小規模の消費者金融では、地域密着型でキメの細かいサービスを提供することにより、固定客と新規顧客獲得を同時に熱心な融資活動をすることにより、リピーターのユーザーを増やしています。

地域密着型のキャッシングの特徴として、
・地域が限定されるため、キャッシングのターゲット層であるサラリーマン以外も、自営業、主婦、パート・アルバイト、個人事業主とターゲットを広げて積極的に融資活動を行う
・その地域ならではの、キメのこまかな途上与信や増額の話を気軽にできるサービスが浸透している
・大手比べ、非常に審査が激甘で、他社借り入れ件数が最大7、8件でも融資実績が多い


などが挙げられます。

その成功例と言えるのが、30日間無利息キャッシングサービスが大好評のキャレントです。
この無利息キャッシングサービスは、何度でも利用可能なのが最大の特徴であり、他社には無い物凄いサービスになります。

というのも、利息はキャッシング会社の利益そのものであり、まさに消費者金融の存続を握る最も重要な生命線ともいえます。

ですから、どれだけキャレントが大胆かつ新規顧客獲得に熱心かというのは、このサービスからも読み取れるわけです。

キャレントは、中小規模の消費者金融会社の中でも低金利(実質年率13.0から18.0%)で、さらに即日融資も可能です。

また、キャレントは申込みから融資まで来店一切不要で、パソコンから簡単な入力で契約できるので、全国区で利用可能です。

また、融資額も多く最高200万円(初回は50万円)まで融資可能なのもお勧めしたい点です。

是非、新規顧客獲得熱心な無利息キャッシングの審査激甘消費者金融キャレントにお申込みされてみてはいかがでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングをする際には、自分にとってキャッシング審査が少しでも有利になるよう、それぞれのキャッシングサービスの特徴を比較して把握することが大切です。

キャッシングを行う業者を大きく分けると、消費者金融系、銀行系、信販・流通系、ネット系、クレジット会社系ということになりますが、それぞれを比較してみることも大切です。

銀行系には、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のグループ会社のアットローン、モビット、キャッシュワン(キャッシュワンは、5月より大手アコムの完全子会社)などがあります。
特に、大手銀行系はキャッシング審査が柔軟なので、初めての方には最適なキャッシングです。

セディナ(旧セントラルファイナンス)や、オリエントコーポレーション、日本信販などが、三越、セゾン、イオン、ダイエーをはじめとした百貨店やスーパーと提携して行っているものが信販・流通系です。
これは、ポイントカードもクレジット機能を付加したもので、そのカードでキャッシングの利用ができるというサービスです。
信販系も、審査が比較的柔軟で、クレジットカード機能付きのキャッシングカードを申込まれる方も多いです。

JCBやVISAなどのクレジットカードを発行しているクレジット会社系のサービスは、ショッピングだけでなくキャッシングの利用もでき、銀行や郵便局のATM、またはそれぞれのクレジット会社のキャッシュディスペンサーで、すぐに利用できるというポイントがあります。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
ブックマークに登録
キャッシング審査激甘!
来店不要で即日融資
極秘!カードローン特集
極秘!クレカ特集
極秘!住宅ローン特集
RSSフィード
最新情報はこちらで
リンク
ランキングに参加中です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。