キャッシング審査で無利息融資極秘講座

キャッシングの審査で無利息で融資が可能な金融サービスを紹介、またキャッシングにおける心構えを極秘にお伝え意外と知られていないキャッシングの真相を完全暴露します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
最近のキャッシング市場は、大手銀行を中心に消費者金融であるノンバンク事業の再編やM&Aが相次いでいます。

クレディアの経営破綻後、ネオラインキャピタル(旧ライブドアクレジット)がフロックスと改めてグループカンパニーとして得意とするサービスに特化させたり、プロミスの三洋信販を完全子会社化、レイクの売却など、さらに金融業界の淘汰が進んでいます。

このような状況は、大手銀行同士の熾烈なノンバンク争奪戦も同様です。
三菱フィナンシャル・グループは、ジャックスと経営統合させる予定だったセディナ(旧セントラルファイナンス)を三井住友フィナンシャルグループに奪われ劣勢を強いられていきました。
三菱フィナンシャル・グループは、カード事業はニコス、信販事業はジャックス、消費者金融はアコムに経営を集約し、さらにアコムは、DCキャッシュワンを5月1日に完全子会社化すると正式発表しています。それぞれに経営資源を投入していく戦略を明らかにして、大幅なリストラ策も辞さない構えです。

一方、これに対抗している三井住友フィナンシャルグループは、傘下の消費者金融プロミスが三洋信販を傘下におさめたり、カード事業ではダイエー系列のオーエムシーカードの筆頭株主となり、信販事業ではセディナ(旧セントラルファイナンス)を三菱フィナンシャルグループからの争奪に成功するなど優勢な立場に立ちました。

どちらのグループもノンバンク再編は非常に重要な戦略と位置づけており、さらにグループ同士のサービス競争が激化されると予想されます。

今後の課題は、大手銀行がバックボーンについていない武富士やアイフルなどの独立系消費者金融の生き残り策です。
とうとうアイフルは、消費者金融大手では初となる、私的整理に着手しました。
今後のキャッシング業界の動きを、冷静に分析し当ブログに活かして、今後も有益な情報を発信していきたいと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
消費者金融をめぐり、利用者(ユーザー)、キャッシング業界、法曹界(裁判官、検察官および弁護士)の3者が、三つ巴のバトルを演じているのが現状です。

これまで、慣例で認められてきた「グレーゾーン金利」の返還訴訟が相次ぎ、消費者金融各社の経営は軒並み苦しくなっていますが、一方で返還訴訟のための手数料が高すぎるとして利用者と弁護士、司法書士がトラブルになるケースも続発しているのだ。

消費者金融大手4社の2009年度4月?6月の連結決算発表がありまたが、6月末の時点の貸出残高は、武富士が前年同期比29%減、プロミスが同12%減、アコムも今年5月に合併した子会社の分を除くと実質10%程度の減少となりました。
この減少は、過払い金返還請求に伴う業績悪化と、融資総額が年収の3分の1を超えている顧客に対する追加融資制限の自主規制(総量規制)が主な要因です。

特に、過払い金返還によるダメージは大きく、日本貸金業協会によると、2007年度に業界から返還された利息金は、利用者の元本返済に充当された約4200億円と現金で還元された約5200億円の計9400億円にも上り、08年度以降は1兆円を超えているのが現状です。

この過払い金返還請求が増えている背景として、実は弁護士や司法書士らの積極的なPR活動があります。
最近、電車内の広告やテレビCMで「借金、返し過ぎていませんか?」などといった言葉を見聞きした人は多いと思います。
法律事務所などが利用者に過払い金返還請求を促す広告ですが、積極的に宣伝するのはそれだけ儲ける余地があるからです。
なにしろ、手数料を20%としても1兆円の過払い金の裏には2000億円もの手数料市場が生まれている計算になります。

しかし、お金が絡むと当然トラブルが起きます。
日本弁護士連合会(日弁連)、日本司法書士会連合会(日司連)とも、統計はありませんが、依頼者との間でトラブルが増えていることを認めているのも事実です。
中には、「面会もなく勝手に手続きを進められた」「高い手数料を取られた」といった声もあるといいます。
債務整理で稼いだ2億4000万円もの所得を隠していた司法書士の存在も明らかになり、日弁連は債務整理を請け負う弁護士に向けて「指針」を打ち出ししています。

キャッシング業界と法曹界の関係も悪化しているのが現状です。
過払い金請求を起こす人は多重債務者の比率が高く、今後も貸し出しリスクが高いことから、これらの利用者に「コード71」という暗号を付けてキャッシング業界全体で情報を共有してきました。

ですが、過払い金返還請求をビジネスにしている弁護士たちの圧力で、この暗号制度は撤廃される見込みだといいます。

表向きは消費者保護と言っていますが、自分たちのおいしい市場を守りたいだけなのでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融における融資の「成約率」は、3割を切って低迷しているのが現状です。

特に、新規で融資を申し込んだ10人のうち、借りられたのは3人もいない状況です。

このような状況下で、大手消費者金融各社を筆頭に、貸金業法の全面施行を控えて業者側が審査を強化しているため、借りられなかった人が違法なヤミ金融に頼る可能性も出てきています。

最近では、ヤミ金融より金利が低くして融資をしている「ソフトヤミ金」が問題化しています。

この状況を受け、「受け皿」となる公的貸付制度の整備が課題になっており、厚生労働省は制度を見直す方針です。

本貸金業協会の調査によると、消費者向け無担保貸し付けの成約率(132社まとめ)は06年9月に4割を超えていたのが、08年3月には26.8%まで下がったと報告しています。
今年3月も27.7%(速報値、21社まとめ)と、3割を切っています。

これはもともとは、多重債務問題に対応するため06年12月にできた貸金業法によって、規制が段階的に強まっていることが大きな要因です。
上限金利の引き下げや借入残高の総量規制も来年2010年6月までに導入される予定で、業者による顧客の選別が進んでいます。
世界的な金融危機で業者が自らの資金繰りを優先し、融資を手控えたことも成約率を押し下げた背景もあります。

協会が今年2月に公表したアンケート結果(複数回答あり)では、希望通りに借りられなかった人のうち、支出の抑制や収入増の努力で借金を見送った人は7割、親族や知人らから借りた人が3割いて、「ヤミ金融など非正規の業者を探した」人も7%いました。
借り入れ経験者全体では12%がヤミ金融の利用経験があり、そのうち3%はいまも利用しています。

消費者金融業界側は「正規業者から借りられない場合、ヤミ金融に頼る人は予想以上に多い」(協会)とみており、ヤミ金融を拡大させないためにも、規制強化を緩めるよう求める意見が根強いのが現状です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


消費者金融各社では、新規の借り入れ申し込みに対して融資を実行した割合が「10人中3人」にとどまっているという深刻な状況です。

アイフル、アコム、武富士、プロミスの4社の成約率は、5月に平均31.3%と申込者の7割が審査で落とされています。
これは、貸出額を年収の3分の1までに制限する「総量規制」などを盛り込んだ貸金業法改正の施行を約1年後(2010年6月より完全施行)に控え、融資審査を厳しくしています。

大手4社の平均成約率は今年1?5月でみても、前年同期に比べて約3ポイント低い約29%で過去最低水準になっており、改正貸金業法が成立した2006年12月以前の平均成約率は50%台で推移していたころよりも、半分近くに落ち込んでいます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

最近のキャッシング市場は、大手銀行を中心に消費者金融であるノンバンク事業の再編やM&Aが相次いでいます。

クレディアの経営破綻後、ネオラインキャピタル(旧ライブドアクレジット)がフロックスと改めてグループカンパニーとして得意とするサービスに特化させたり、プロミスの三洋信販を完全子会社化、レイクの売却など、さらに金融業界の淘汰が進んでいます。

このような状況は、大手銀行同士の熾烈なノンバンク争奪戦も同様です。
三菱フィナンシャル・グループは、ジャックスと経営統合させる予定だったセディナ(旧セントラルファイナンス)を三井住友フィナンシャルグループに奪われ劣勢を強いられていきました。
三菱フィナンシャル・グループは、カード事業はニコス、信販事業はジャックス、消費者金融はアコムに経営を集約し、さらにアコムは、DCキャッシュワンを5月1日に完全子会社化すると正式発表しています。それぞれに経営資源を投入していく戦略を明らかにして、大幅なリストラ策も辞さない構えです。

一方、これに対抗している三井住友フィナンシャルグループは、傘下の消費者金融プロミスが三洋信販を傘下におさめたり、カード事業ではダイエー系列のオーエムシーカードの筆頭株主となり、信販事業ではセディナ(旧セントラルファイナンス)を三菱フィナンシャルグループからの争奪に成功するなど優勢な立場に立ちました。

どちらのグループもノンバンク再編は非常に重要な戦略と位置づけており、さらにグループ同士のサービス競争が激化されると予想されます。

今後の課題は、大手銀行がバックボーンについていない武富士やアイフルなどの独立系消費者金融の生き残り策です。
今後のキャッシング業界の動きを、冷静に分析し当ブログに活かして、今後も有益な情報を発信していきたいと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
ブックマークに登録
キャッシング審査激甘!
来店不要で即日融資
極秘!カードローン特集
極秘!クレカ特集
極秘!住宅ローン特集
RSSフィード
最新情報はこちらで
リンク
ランキングに参加中です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。