キャッシング審査で無利息融資極秘講座

キャッシングの審査で無利息で融資が可能な金融サービスを紹介、またキャッシングにおける心構えを極秘にお伝え意外と知られていないキャッシングの真相を完全暴露します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
キャッシングを利用する際の、最低限の審査基準として、「20歳以上で毎月の収入が安定している方」というのが、キャッシングの融資サービスを利用できる人の一般的な基準としてあげられます。

しかし、業者によってキャッシングの審査基準は様々です。
最近では、女性や主婦、学生、アルバイトの人もキャッシング融資サービスを利用できるところもありますし、融資額によっては収入を証明する書類の提出が必要になる場合(融資限度額が50万円以上の場合)もあり、キャッシング融資サービスを受けるための資格もニーズに合わせて多様化しているようです。

インターネットでもキャッシング融資サービスの申し込みが可能になったところが増え、簡単なキャッシング審査の後で、すぐに振り込んでもらえることもありますが、その場合も後から書類の送付が必要です。

キャッシングは無担保ですから、小額の貸し付けを行っている業者が多いのですが、もしも高額を借り入れた場合でも、収入とのバランスをよく考えなければなりません。

収入に対して借入額が10%程度なら無理のない範囲の借り入れ、さらに25%になると限界だそうですが、自分の収入に合わせた返済ができるよう、計画的にキャッシングを利用することが大切です。

よく自分の借入状況がわからなければ、各金融会社の窓口に相談されることお勧めします。
かなり熱心に、借入返済プランのアドバイスなどを提供してくれる場合もありますので、間違いなく自分にとって有益な情報を得られる機会が増えます。

来年2010年6月の貸金業法改正の完全施行を前に、まずは自分の借入返済状況を把握した上で、自分に最適なキャッシングプランを立てることが大切です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
消費者金融などの金融会社の提供するキャッシングサービスは、本人確認を行うことによって信用貸付が可能です。
当然、貸し付けが可能かどうかというのは、必ずキャッシング審査があり、いつでも誰でも無条件に借入れができるわけではありません。
キャッシングは、ローンとは異なって、担保や保証人は不要なのが特徴です。

融資額や業者によっては、そのキャッシング審査の内容に差がある場合もあります。
その内容とは、利用者の借入れ状況(過去に借入れたことがあればその時期と金額、件数、返済方法がどうだったかなど)、住所や勤務先の確認などがあり、キャッシング審査方法によって、実際の融資までに要する時間がそれぞれの場合で変わってきます。
過去に借入れをした経験がある場合、その際の返済状況の善し悪しが、キャッシングの審査基準の大きなポイントにもなるでしょう。
キャッシング審査基準の高低はキャッシング会社で様々です。
利用する際にはそれらを総合的に考えると良いかもしれません。

気になった各金融会社のキャッシング相談窓口に、ダイレクトに相談されることをお勧めします。
思わぬ、キャッシングプランや返済プランをアドバイスされたりと有益な情報を提供してくれたりします。

ただ「審査が無い」などという言葉につられてキャッシングをしたら、法外な利息を請求されたという事例もありますので、十分に注意をしなくてはいけません。

審査なしでキャッシング可能な消費者金融サービスというのは、絶対ありえまんせんので、くれぐれも注意してください。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融などのキャッシング審査での申し込み時に、必ず記入することになっているのが申込書の記入です。
各記入項目(住所や職業など)はキャッシング業界では「属性」と呼ばれています。

実は、この属性が非常に重要視され、結果としてキャッシング審査に通過するかしないか、また限度額の大小も決まる重要なものとなっています。
しかし、一方でほとんど重要視されない属性もあります。

是非キャッシング審査・申込みの際の参考にしていただければと思います。

●特に重視される属性

・年齢
キャッシング業界では「可処分所得の大小」つまり「自由に使えるお金の多い少ない」を前提に属性を捉えています。
だいたいのキャッシング利用者の平均対象年齢は20?30代となっており、一般的には独身者の方が有利に考えられています。
年齢が上がれば上がるほど、キャッシング審査は厳しくなっていきます。

・電話番号
一番理想なのが、「自宅の固定電話」と「携帯電話」の両方をそろえておくのが一番有利になります。
これは、「確実に申込者へ連絡が付けられるようにするため」です。

・職種(職業)
基本的に「離職率の低い職業」は有利とされています。例えば公務員や多くの会社勤めをされているサラリーマンです。
しかし、水商売系、自営業、などの「離職率の高い職業」「不安定な職業」は不利になるケースが多いです。

・居住年数
特に「年数」が重要視されます。年数が長ければ長いほど、信用が高まり有利に働きます。


●特に重視されない属性

・年収(月収)
これは「自己申告が可能で、裏取りが不可能な属性」のため、あまり重視しない属性となっています。
嘘の年収(月収)を記入するのは決してしないでください。

●書き方によって優劣が左右される属性

・使用目的
たとえ使用目的が「生活費」や「他社借り入れの返済」であっても、キャッシング業者から見れば「返済してくれる可能性が低い」と判断され、限度額が低かったり、場合によってはキャッシング審査に通過できない可能性もあるので、ここは真面目に書きすぎず、「レジャー資金」「車の購入」などを選択すると良いでしょう。

また、借入件数のある方は、件数も注意してください。
消費者金融キャッシングでは3件以内、銀行系キャッシングでは2件以内を目安にしてください。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

実は、キャッシングとは大変便利なサービスです。
しかも、キャッシング審査というのもクレジットカードに比べ、圧倒的に短く、すぐに無担保で利用できるのも特徴です。
特に、消費者金融のキャッシング審査は甘く、よっぽどのことがない限り審査に通ります。
(他社借入れ件数が多すぎたり、他社での返済が遅れていたりなどする場合は、審査に通りません)

いざ買い物をしようという時に、出先でお財布をチェックしたらお金があまりなかった。
そのような経験は、どなたも一度はあるのではないでしょうか?

最近では、クレジットカードで買い物をする機会もずいぶん増えていますので、現金がなくても買い物はできます。
担保が必要になる場合のあるローンと違って、すぐに無担保で融資利用できることもキャッシングの特徴と言えるでしょう。
その他に、キャッシングで現金を用意するという方法もあります。

銀行系や消費者金融系などの金融機関が、現金を個人に融資するのがキャッシングです。
キャッシュカードを使ってATMで自分の預金を引き出すのと同じように利用できます。
利息も返済期間を短くすれば無利息で融資利用できるキャッシングも増えています。

クレジットカードよりも、キャッシングの方が利用しづらいというイメージもありますが、キャッシングの特徴をきちんと把握し、計画的に利用すればキャッシングサービスは大変便利なのではないでしょうか?

クレジットカードでキャッシングも可能ですが、キャッシング利用される場合、返済は一括返済となりますので、高額を利用しないように注意してください。

通常、クレジットカードには、もう一つショッピング機能というのがあります。
これは、文字のごとく、現金を持ち合わせていない場合、カードでお買い物ができる機能です。

ショッピング枠でしたら、一括・分割・リボ払いと支払を選べるので便利です。

このことから、消費者金融でのキャッシング利用は、急な出費で現金がすぐに必要な場合には最適なサービスとなります。

逆に、クレジットカードは、現金を持ち合わせていない場合に便利な機能と言えます。

キャッシングもカード利用も、借りすぎには注意をして、あくまで自分の支払能力を把握した上で利用することが大切です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

キャッシングは、基本的に20歳以上の方で安定した収入の方でしたら、どなたでも審査に通り、融資可能なのが特徴です。
ですので、キャッシング審査に通れば、キャッシングというのは主婦や学生でも借りることが可能な無担保の融資になります。
最近ではサラリーマン以外の層の方でもキャッシングの申込みが増えています。

「20歳以上で毎月の収入が安定している方」というのが、キャッシングサービスを利用できる人の資格の一般的な条件としてあげられています。

しかしもちろん、業者によってもキャッシング審査の基準は様々です。
最近では、主婦や学生、アルバイトの人もサービスを利用できるところもありますし、融資額によっては収入を証明する書類の提出が必要になる場合もあり、キャッシングサービスを受けるための資格もニーズに合わせて多様化しているようです。

インターネットでもキャッシングサービスの申込が可能になったことで利用者が増え、簡単なキャッシング審査の後ですぐに振り込んでもらえることもありますが、その場合も後から書類の送付が必要です。

キャッシングは無担保の融資ですから、小額の貸し付けを行っている業者が多いのですが、もしも高額を借り入れた場合でも、収入とのバランスをよく考えなければなりません。

収入に対して借入額が10%程度なら無理のない範囲の借り入れ、さらに25%になると限界ですが、いくらキャッシング審査に通ったからといって、無理な借入れをせずに、ご自分の収入に合わせた返済ができるよう、計画的にキャッシングを利用することが大切です。

来年2010年6月からはいよいよ貸金業法改正法が完全施行され、その中でも総量規制により、借入融資が制限されます。

これは、自分の収入額に対して、3分の1しか借入ができないという借入規制になります。
たとえば、毎月30万円の給料だと仮定すると、月に10万円の借入しかできなくなります。

こうした規制の中で、自分にとって本当に必要な融資を決めることが大切です。
また、自民党政権から民主党政権へと変わったことにより、どれだけ貸金業関連法案が見直されるのかも注目です。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
ブックマークに登録
キャッシング審査激甘!
来店不要で即日融資
極秘!カードローン特集
極秘!クレカ特集
極秘!住宅ローン特集
RSSフィード
最新情報はこちらで
リンク
ランキングに参加中です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。